住宅ローン借り換え相談で失敗しないためには?

住宅ローン借り換え相談で失敗した例というのはあるのでしょうか。
気をつけたいのは、意外に諸費用がかかるということです。
保証料がかからなくても、ローン手数料という形で住宅ローン返済に必要な金額よりも数十万円前後上乗せになることもあります。
金融機関によって借り換えに必要な金額に上乗せされる費用が変わってきますから確認が必要です。
多くの金融機関では、登記の書き換えに必要な司法書士の報酬と印紙代は必要となってきますから、金利差で生まれる差額が数十万円ではあまりメリットを感じることが出来ません。
また、審査が通り易いというイメージでフラット35を利用したけれど、保証料を住宅ローンに含めることが出来ずに貯金を崩したり、別枠のローンを組んだというケースもあります。
住宅ローン審査に通りやすい銀行の特徴は?賢い銀行選び!【審査基準比較】